マツダの新世代商品「Mazda3」。
取扱説明書を使用して機能などを学んでいこうと思います。
今回はジャンルに囚われないで興味を持った事についてです。

※海外仕様車です。
503084

前回→2019 Mazda3の取扱説明書を読み解く(マツダコネクト編) : K-BLOG

まずはリアゲート及びトランクについてです。
新型Mazda3では、リアゲートを開く際のスイッチはリアエンブレムの下にあります。
ハッチバックはこちら。
キャプチャ3
セダンはこちら。
キャプチャ4
このように極めてデザイン性を重視しているんですね。
また、driver誌にも記載されていましたが、外国車のようなエンブレムを動かすといったような機構は高価のため、採用しなかったそうです。
次にハッチバックのロックボタンです。
キャプチャ2

次にバックミラーについてです。
フレームレスミラーについては様々な動画で見てきました。
ただベースグレードではどうなるのか?
以前、ちらっと動画で見えたんですが改めて確認しました。
mirror
手動式のツマミがついており、自動防眩はついていないようですね。
ただ、フレームレスミラーと形状が似ているのが嬉しい所。
デザインにはこだわりますね。
サイドミラー調整はこのようになっています。
mirror2
従来はスティック状でしたが、変わっています。
ここら辺は、BM前期アクセラと比較するとずいぶんと変わりました。
これは嬉しい改良です。
続いて「シート」に関して。
シート位置調整はこのようになっています。
手動シート(左)と電動シート(右)
seat2seat
太もも下の高さ調節などが標準で装備されています。
手動シートはロードスターのようなダイヤルが搭載されていますね。
電動シートはドライビングポジションに拘る方には必須アイテムになりそうです。
シートベルト警告などはバックミラー付近に表示されるようになりました。
pass
なかなかいい場所に表示されますよねコレ。

次はMT車のシフトレバーについてです。
shift
こちらは左ハンドル車のシフトレバーです。
マツダはMT車を残す覚悟がありますから、嬉しいですね。
vv

燃料キャップに関してはこちら。
fuel
運転席にレバーはなく、燃料口の蓋を押すタイプのようです。
ちゃんと燃料口キャップを置いておくスペースもあるようです。
ちなみにボンネットの開閉方法はこちら。
運転席にあるハンドルを引きます。
bonnet2
するとボンネットが少し開くので、隙間に指を入れて開けます。
bonnet
従来型と同じく、ボンネットは棒で支える仕組みになっています。
ワイパーはブレード部にウォッシャー液噴出口があります。
wipper
これは従来型と比べ、大きく変化しましたね。

また取扱説明書(北米)には、エンジンラインナップは「SKYACTIV-G 2.0」「SKYACTIV-G 2.5」しか記載されていませんでした。期待のXは後々ですね。
まだまだ面白いものがあるんですが、如何せん読むのに精いっぱいなので、他の話題もちょくちょく記事にして行こうと思います。

次回→2019 Mazda3の取扱説明書を読み解く(もっと色々編) : K-BLOG