国内のマツダコネクトナビPLUSに関する記事です。

ナビPLUSの地図データ有償更新が今年から始まります。
その更新方法はいまだに判明しておりません。
なので、確認しました。
mazdaconect
マツダコネクトナビPLUSの地図データ有償更新についてはこちら
【MAZDA】マツダコネクト サポート関連情報|オーナーサポート(外部リンク)
対象SDカードは以下の部品番号になります。
2014 年秋版 ”ナビゲーション用 SD カード PLUS
部品番号:G46Y 79 EZ1また、G46Y 79 EZ1A)

有償更新の確認方法は、マツダコールセンターです。
コールセンターによると内容は以下の通り。
  • 更新方法は、SDカード買換え
  • 買換えるSDカードは新品と同様扱い(3年間更新付)
  • 料金も新品同様
  • 12/04より各ディーラーにて注文受付中
なお、2018年度秋版の収録データは以下の通り。
地図データ:2018年4月
交通データ:2017年11月
電話番号データ:2018年1月

一応、Apple CarPlay / AndroidAuto追加キットも確認しましたが、相変わらず「未定」ということだそうです。

事前の噂通り、SDカードの買い替えなんですね。
また3年更新のみのSDカードを販売するそうなので、1年間のみ使用できるSDカードなどは発売予定はないらしく、今後車の買い替えなどを検討されている方は注意が必要です。また、更新者のみの特別価格などはマツダ側からは提案をしていないため、通常は新品と同様の価格になると仰っていました。
参考までに2018年商品改良アテンザのアクセサリーカタログに掲載されているナビゲーション用SDカードPLUSのお値段は「¥48,600」です。
Apple CarPlay / AndroidAuto追加キットが発売されれば選択肢があったんですが、いまだに未定ということもあり、難しい判断になりそうです。
マツダコネクトナビPLUSの有償更新対象者の方は、お気を付けください。
そして、はやく公式ページに記載してくれると嬉しいですね。