MAZDA3が話題ですが、今回はMAZDA2(デミオ)についてです。
オーストラリアメディア Driveによると、将来デミオはCX-3より小型のSUVになる可能性があると述べています。
P1J15903s
オーストラリアメディアに対して、マツダ 前田氏は以下のように答えています。
Speaking to Australian media at last week's Los Angeles motor show, where Mazda revealed its 2019 Mazda3 hatch and sedan that usher in an evolution of its Kodo design language, the Japanese car maker's design boss, Ikuo Maeda, admitted there is now debate about changing the direction of the next-generation city car, hinting that it could become a baby SUV to sit under the CX-3 rather than a conventional hatchback.

"At the moment I don't have the answer to what will happen with the Mazda2, but we will put some focus on the future of that size of car and what it might turn out to become," he said.

"I would suspect compact cars are very important and we won’t ever see the disappearance of this but what the exact needs for this compact segment are we don’t really know just yet. It could all shift towards towards SUV.
【機械訳】
先週のロサンゼルスモーターショーでオーストラリアのメディアに語ったところによると、マツダは2019年のマツダ3のハッチとセダンを発表し、鼓童のデザイン言語の進化を導いた。日本の自動車メーカーのデザイン上司、前田郁夫は、 従来のハッチバックではなく、CX-3の下に座るベビーSUVになる可能性を示唆している。
「現時点では、マツダ2で何が起こるかについての答えはないが、将来の自動車の大きさと将来の可能性について焦点を当てる」と述べた。
「コンパクトカーは非常に重要だと思うだろうし、これがなくなったとは思わないだろうが、このコンパクトセグメントの正確なニーズは、まだわかっていない。
【機械訳終】

CX-3よりもコンパクトなSUVを示唆していますね。
ただ、マツダとしてもコンパクトカーのニーズについてはいまだに正確に掴めていないようです。確かにSUV人気の昨今、コンパクトカーは難しい立ち位置にいます。
世界で見るとあまり売れるところが無いですしね…。
ただ、マツダもあらゆることを考えているようなので、その考えが楽しみです。
最後に前田氏は、こんなことも述べています。
"All I can say is that we have just started with this new generation [of design] and we will always look for new opportunities. We will take time to see where this design takes us and we have many different options for this at the moment."
【機械訳】
「私が言うことができるのは、この新しい世代の設計から始めたばかりであり、我々は常に新しい機会を模索することになるだろう。この設計がどこにあるのかを見るのに時間がかかるだろう。 」
【機械訳終】

どうやら、デミオについてはまだまだこれからのようです。
それまでの間に、デミオのライフサイクルは延びるかもしれません。
そうなってくると、フルモデルチェンジまでまだまだ時間があるのかもしれないですね。電気自動車やプラグインHV車は新たなモデルで発売する予定らしいので、デミオの立ち位置はますます複雑化していきます。
個人的にデミオは大好きなので、なんとか生き残ってほしいですねぇ。