本日(2018年11月1日)、日本の衛星測位システムである「みちびき」が正式に運用が開始されました。
mazdaconect
情報元:測位衛星:「みちびき」1日から運用 宇宙の商業利用の柱 - 毎日新聞(外部リンク)

「みちびき」とは?
みちびき(準天頂衛星システム)とは、準天頂軌道の衛星が主体となって構成されている日本の衛星測位システムのことで、英語ではQZSS(Quasi-Zenith Satellite System)と表記します。ただし、「準天頂衛星」という場合には、準天頂軌道の衛星と静止軌道の衛星の両方を合わせて呼ぶため、準天頂軌道の衛星を区別する必要がある場合は「準天頂軌道衛星」といいます。
isos7j00000000t1
衛星測位システムとは、衛星からの電波によって位置情報を計算するシステムのことで、米国のGPSがよく知られており、みちびきを日本版GPSと呼ぶこともあります。
引用元:みちびきとは|みちびきについて|みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)公式サイト - 内閣府(外部リンク)
今までは試験運用でしたが、今日から正式に運用が開始されたようです。
4基態勢で、米国のGPSと併用して使用されるそうですが、2023年頃には7基態勢となり、米国のGPSには依存しないで運用できるそうです。測位誤差は「最小6センチ」だそうで、かなり正確に即位できそうですね。
isos7j0000001viv
画像引用:みちびきとは|みちびきについて|みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)公式サイト - 内閣府(外部リンク)

マツダコネクト(自車位置演算ユニット搭載車のみ)は、この「みちびき」に対応しています。これで少しは自車位置精度が上がることを祈るばかりです。ただマツダコネクトの場合は、性能云々よりも機器の故障など物理的問題などが多いようなので、次世代型のマツダコネクトがその課題を乗り越えてくれることを祈るばかりです。

自車位置演算ユニットを搭載していない所有者に、ちょっと嬉しい「既存車への自車位置演算ユニットなどの追加対応」がいつ行われるのかが楽しみですね。
詳細はこちら
【マツダコネクト】Apple CarPlay / AndroidAutoでの自車位置判定は車側?携帯側?≪追記≫レトロフィットについて : K-BLOG