Microsoftは「Windows 10 October 2018 Update」の配信を一時中断しているそうです。
その理由は、バージョン(1809)適用後にPC内に保存されているファイルが消えてしまう等、様々な不具合が発生しているそうです。
windows

情報元:「Windows 10 October Update」の提供を中断--ファイルが消失する問題で - ZDNet Japan(外部リンク)

情報元サイトの内容によると、不具合はファイルの消失だけではなく、ドライバの互換性やCPU使用率の異常表示など様々な問題が報告されているようです。記事では「ドキュメントファイル」内のファイルが消えてしまっているとか。かなり恐ろしい出来事ですね…。
そんな私も先日、手動でアップデートしました。
Windows 10 October 2018 Update に更新してみた。≪2018/10/05追記≫ : K-BLOG
私の場合は、今のところ特に不具合はありません。
ファイルの消失もありませんし、CPU使用率やアプリの起動などなど確認されておりません。一部のユーザーのみが発生するようなので、私は運が良かったのかもしれませんね。

最近はこういったアップデートが多くなってきました。
注意しながら行った方が良いですねぇ。