iOS 12が公開され、Apple CarPlay でのサードパーティ製アプリが利用が可能になりました。その代表例でもある「Google Maps」について色々と調べてみました。
cx9au
まずは、大体の操作感などを知るために以下の動画をご覧ください。

How To Use Google Maps On Apple CarPlay With IOS 12(外部リンク)

Audi A6 2017でのApple CarPlayで「Google Maps」を使用した動画です。
動作に関しては車種のシステムによって様々なので割愛します。
Google Mapsを起動すると、いつも見ている地図画面が表示されます。
CP
画像引用:How To Use Google Maps On Apple CarPlay With IOS 12(外部リンク)
地図には渋滞情報も表示されています。
また、衛星写真の地図にも変更可能。
CP1
画像引用:How To Use Google Maps On Apple CarPlay With IOS 12(外部リンク)
ただし、地図の移動や拡大などは画面に表示されている矢印ボタン又はプラス(+)、マイナス(-)ボタンを押さないといけないようです。
タッチスクリーンには対応しているようですが、複数のタッチには対応していないようでスマートフォンでお馴染みの複数の指で操作というのは今後の対応待ちになりそう。
設定画面には、一応のルート設定(フェリーなし、有料道路なしなど)があるみたいです。
CP2
画像引用:How To Use Google Maps On Apple CarPlay With IOS 12(外部リンク)
ただし、渋滞回避などの便利機能などはなく、こちらも少し残念。

また、目的地設定などについてですが、こちらの動画で少しだけ見ることが出来ます。

iOS 12 - Google Maps on Apple CarPlay(外部リンク)

こちらの動画は、実際に走行している風景も撮影しています。
また、目的地検索の際にキーボードを出しています。
CP3
画像引用:iOS 12 - Google Maps on Apple CarPlay(外部リンク)
Apple純正のナビだと確かキーボードはなく、音声検索のみだったのでGoogle Mapsの方が多少?便利なのかもしれません。ただし、操作性などを見るとまだまだこれからな感じがしますねぇ。

そんな中、海外のThe Straight Pipesが Mazda CX-9を使用してApple CarPlay のGoogle Mapsを試している動画を公開しています。

Android Auto vs Apple CarPlay - 2018 GOOGLE MAPS UPDATE!(外部リンク)

今回もApple CarPlay / AndroidAutoの両方を対決形式で試しています。
この動画での注目点は、Siriでの応答は「Apple Maps」になるということです。
たとえApple Mapsを削除したとしても、Siriで検索できません。
Google Maps内の音声検索でのみ、Google Mapsで検索ができます。
なかなか残念な仕様です。
今後のアップデートに期待しましょう。