先日、米国で発表された「2019 CX-9」。
2018改良アテンザで搭載された先進装備などが追加されるとあって、かなり期待が高まります。今回は、そんな「2019 CX-9」と「2018改良アテンザ」の装備を見てみましょう。
キャプチャ3
「2019 CX-9」の正式発表についてはこちら
米国マツダが「2019 CX-9」を発表。ベンチレーションシートや液晶スピードメーターを追加。

まずは、「エアコン操作パネル」について見てみましょう。
「2019 CX-9」
キャプチャ
「2018改良アテンザ」
mazda6
ご覧の通りデザインは2018改良アテンザと似ていますが、ボタン配置が全く違います。
CX-9のエアコン操作パネルは、従来のボタン配置と似ており2段になっています。
ステアリングヒーターのボタンも従来型と同じような構造に。
そして、ベンチレーションのボタンもちゃんと組み込まれていますね。
2018改良アテンザのエアコン操作パネルをポン付けではなく、CX-9の従来の内装デザインに合わせるために、こうしたようにも思います。
アテンザのままだと、細すぎますもんね…。

次に、コマンダーコントロール。
「2019 CX-9」
cx92
「2018改良アテンザ」
P1J15523l
コマンダーコントロールに関しては、全く同じデザインになっています。
(2019 CX-9の画像が合成チックですが…)
旧型より多少背が低く、幅が増えた印象ですね。

次は、「スピードメーター」です。
「2019 CX-9」
キャプチャ2
「2018改良アテンザ」
mt
こちらも両者同じものが採用されています。
それにしてもCX-9に液晶スピードメーターが搭載されるのはワクワクしますね。
この液晶メーターはとっても見やすいので、おすすめです。

最後に、「フレームレスミラー」です。
「2019 CX-9」
キャプチャ5
「2018改良アテンザ」
キャプチャ6
こちらも全く同じですね。
お洒落になりますね。

次は「ベンチレーションシート」です。
「2019 CX-9」
cx923
「2018改良アテンザ」
ma6
2018改良アテンザに初搭載された「ベンチレーションシート」。
2019 CX-9のシートにも換気孔が追加されているようです。
2019CX-9もアテンザ同様のシート改良がされそうな予感です。

以上、ざっくり比較してみました。
この他にも「2019 CX-9」は改良が施されますね。
Apple CarPlay / AndroidAutoとか。
そして、似たような改良が今冬、国内CX-5とCX-8にも施されるという話です。
さらに、次世代アクセラ...。
これからのマツダの発表が楽しみです。