今年の冬に発売予定と言われているCX-5/8の改良モデル。
その中でも、CX-5の特別仕様車の内装について勝手に予想してみます。
CX-5a
※2018改良CX-5特別仕様車予想図
さて、改良CX-5の内装についてです。
上記の予想図は、2018改良アテンザに搭載された「7インチ液晶スピードメーター」と「エアコン操作パネル」をそのまま張り付けました。
実際の特別仕様車は、噂では内装色はディープレッドのみとあったので実際にはこの予想図はありえません。(ピュアホワイトにしたのは、編集上楽だったので…)
ただこうしてみると、エアコンパネルの下に結構隙間が空いてくるんですよね。
アテンザの場合は、CD/DVDプレーヤーがある部分。
2018改良CX-5では、7インチセンターディスプレイの改良が行われないと噂にはあるので、おそらくそのままなのでしょう。
となると、CD/DVDプレーヤーの位置もそのままになった場合、エアコンパネル下の隙間はどうするのでしょう?シートベルトリマインダーの表示部部がここにくるのでしょうか?
それともアテンザみたいに、バックミラーの部分に?
ここら辺は、実車が発表されてからのお楽しみですね。

≪2018/08/07追記≫
2019 CX-9の内装が公開されました。
米国マツダが「2019 CX-9」を発表。ベンチレーションシートや液晶スピードメーターを追加。
恐らく、CX-9の内装と似た感じになるので、「エアコン操作パネル」の形が変わるのでしょう。
≪追記終わり≫

また、こうやってインパネ部分が改良されるのなら、8インチセンターディスプレイを装備しても良かったのではないかと思ったりしましたが、それだとリアモニターが売れなくなってしまいそうですね。
CXシリーズには8インチというのはなかなか商売上難しいのかもしれません。
正式発表していないので、あくまでも噂程度だと思ってください。
しかし、ついにCX-5にもあの液晶スピードメーターが搭載されるんですねぇ。
これはちょっとほしいかも。
そして、ベンチレーションなどの便利装備や進化したGVCなど盛りだくさん。
流石、売れてるモデルへの改良は凄いですね。

それにしても、CX-5/8の改良発表が楽しみですね。

≪2018/08/11追記≫
2019 CX-9が発表され、エアコン操作パネルが一新されました。
2018 Mazda6に搭載された操作パネルがそのままポン付けされていませんでした。
2019 CX-9の詳細はこちら
「2019 CX-9」と「2018改良アテンザ」の装備を比べる。

≪2018/08/13追記≫
噂情報をまとめてみました。
2018 商品改良CX-5/CX-8の噂情報をまとめてみる。