殆ど行ったことのない日本海側。
今回はとある事情で時間が出来たので、「石川県」へ行ってみることにしました。
北陸に旅行は初めてかもしれません。

DSC06423
今回の旅の概要です。
  • 2泊3日(1日目は金沢、2日目は能登半島、3日目は福井県)
  • せっかくなので、マツダ車をレンタルして石川県をドライブ。
  • ホテルは少し豪華に。
map
3日間でこのような感じでのらりくらりと回ります。
それではさっそく一人旅へ行ってみましょう。

6/26(火) 7:10
出発。
旅の始まりはもう慣れたものですね。
電車に乗って羽田空港国内線ターミナルへ。
通勤時間帯なので混んでいるかな?と思いましたが、意外にも座れてラッキー。
あっという間に羽田空港へ到着しました。
IMG_0840
朝の羽田空港構内は忙しそう。
けれど、私がいつも来るときに比べてお客さんの数は少なめ。
穏やかな空港は素敵ですね。
さて、自分の乗る飛行機の確認をしましょう。
IMG_0839
小松空港行きです。
今まで空港利用した旅で毎回小松空港行きの案内板見てて、「いつか行きたいなぁ」と思っていたのが叶いました。なぜ行きたかったのかというと、やっぱり旧海軍の基地があったからですねぇ。
飛行機への搭乗時刻となり、さっそく飛行機に乗り込みます。
小松行きの乗客数は比較的少なく、空席もチラホラありました。
これは快適な空の旅を楽しめそうです。
そして、飛行機はあっというまに離陸。
小松空港へは約1時間弱のフライトで、意外とすぐについてしまうんですね。
今日の天気は晴れなので景色を楽しみましょう。
IMG_0841
IMG_0842
飛行機の醍醐味と言ったら、上空から眺める景色です。
都市部をみるのもいいですが、個人的にはこういった山々を眺めるのが大好きです。
え?あんなところに建物が?とか不思議でワクワクしそうなものを発見するのが楽しみです。いつまでも空を飛んでいたい…。
そんなこんなで、あっという間に到着。
初石川県です!
IMG_0845
小松空港も他県の地方空港と同じような造りになっておりこじんまりしています。
石川県小松市にありますが、福井県にも近いため空港には福井県の観光案内がたくさん掲載されていました。
「恐竜王国福井」
IMG_0844
恐竜がお出迎えしてくれました。
この恐竜、意外とリアルに動くんですよ。
福井県の恐竜に対する熱意は半端なさそうです。
さて、さっそく事前予約していたレンタカーを借りることにしましょう。
お世話になるのは「タイムズレンタカー」さん。
マツダ車を借りるのにはうってつけですよね。
今回は、車種指定で予約しなかったのでどんな車になるかドキドキしてました。
たまにはこういったギャンブル的なのも楽しまなきゃ。
空港から送迎バスで店舗まで行って手続き。
タイムズさんの手続きはとても簡略化されているので、あっというまに終了。
車とご対面です。
今回の相棒は…「アクセラスポーツ 15C  AWD」です!
IMG_0846
色は「スノーフレイクホワイトパールマイカ」です。
綺麗な白色ですねぇ。
ここへきて「アクセラ」とは、何かの縁ですかねぇ。
てっきりデミオだと思っていましたので、ちょっと驚きました。
隣のブルーリフレックスのアクセラセダンにも惹かれましたが、私はハッチバックに縁があるようです。今回の旅も楽しくなりそう。
さっそく、色々と調整をします。
ナビはもちろん『マツダコネクト』です。
IMG_0862
以前デミオに「スマートナビ」という非マツダコネクトナビplus装備がありましたが、あれは非常に使いにくいんですよね。マツダコネクトの操作性は慣れるとそんなに難しいものではありません。
そしてなにより、パッケージングが素晴らしい。
BluetoothやUSBなどが全て装備されているので安心です。
そしてマツダコネクトのバージョンは「59.00.448JP M」でした。
良心的ですね。
準備が完了したので、早速出発です。
まず初めに訪れたのが、「石川県立航空プラザ」です。
IMG_0848
飛行機の歴史や原理を写真や風洞装置などでわかりやすく説明しており、尚且つ模型飛行機や実機なども展示されているガチな資料館です。また、子供向けのプレイランドもあり大人も子供も楽しめる複合施設になっています。
こちらの施設に関しては、3日目に再訪したのでその時に詳しく書きたいと思います。

次は金沢市内へ向かいましょう。
久々にアクセラを運転するので、ドキドキとワクワクの連続です。
車幅感覚はすっかり忘れていたので、改めて乗ると幅が広いですねぇ…ちょっと怖い。
エンジン音などは相変わらずで、発進時の頑張り具合も懐かしい。
色々と思い出させてくれます。
そんなアクセラとの思い出を楽しんでいると、あっという間に金沢駅に到着。
ここからは、歩いて金沢駅周辺を観光したいので、駐車場を探します。
タイムズ駐車場の株主優待が残っていたので、最寄りのタイムズ駐車場に駐車しました。
さて、さっそく金沢観光へ行きましょう。
map2
金沢周辺は観光名所がたくさんありますねぇ。
車で回りたかったんですけど、逐一駐車場に駐車するのが面倒そうでした。
また、観光雑誌などではバスの使用を推奨していましたが、徒歩でもいける範囲ですので、まったりと徒歩移動にしましょう。
まずは、金沢駅を見学。
IMG_0866
これが有名な「鼓門(つづみもん)」です。
とても威圧感がありますねぇ。
DSC06381
この柱の部分は、能や素囃子などに使われている鼓の調べ緒をイメージしているそうです。
すごい複雑な構造ですねぇ。
なんというかこう、折り畳みができそうな形をしています。
屋根を支える部分には和風建築にみられる組み物を構造工学的にデザインしており、「伝統芸能の町金沢」の象徴となっているようです。
立派ですわ。
鼓門の近くには、近代的な噴水もありました。
DSC06382
時計機能までついているとはおしゃれ。
いやぁ想像していたより、金沢駅は大きいですね。
イメージ的には、名古屋駅や福岡駅といった感じです。
IMG_0864
北陸新幹線も開通して、観光客が改札周辺に溢れていました。
新幹線の力ってすごいですね。
駅ビル内にもお店などがたくさんあり、立派な駅という印象でした。
さて、駅を見終えたら近江町市場へ向かいましょう。
数分ほど歩くと、「近江町市場」に到着。
FullSizeRender
立地的には築地市場と同じような場所にある市場です。
屋根付きアーケードには様々な店舗があり、新鮮な魚介類などが売られています。
時刻はお昼、私のお腹も空腹の限界に達しそうなので何か食べることに。
初めは海鮮丼にしようと思っていましたが、せっかく北陸に来たので「ノドグロ茶漬け」を食してみることに。
DSC06383
お値段、なんと¥2,500!
恐るべき「ノドグロ」です。
しかし、それに見合う美味でした…。
なんと表現したらよいか語彙力のない私にわかりませんが、ウットリしてしまいましたねぇ。
こんなに美味しい食べ物がまだこの世にあったのかと。
あの錦織選手が好物に選ぶだけのことはあります。
ノドグロ is GOD !!
食べてよかったぁ…。

ノドグロにウットリした後は、食後のデザートを求めて移動を開始です。
ここら辺は歩いていると、京都のような雰囲気がありますねぇ。
DSC06384
歩いていて楽しいです。
歩くこと数分「東山ひがし茶屋街」に到着。
DSC06394
DSC06395
卯辰山山麓を流れる浅野川の川岸には、今でもキムスコ(木虫籠)と呼ばれる美しい出格子がある古い街並みが残り、昔の面影をとどめています。灯ともし頃にもなれば、今でも軒灯がともる茶屋から三味線や太鼓の音がこぼれてきます。五木寛之著「朱鷺の墓」の舞台としても知られています。また、平成13年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、「街並みの文化財」として保存策が進められています
非常に美しい街並みが広がっていました。
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、電柱がなかったり、食べ歩きが禁止されていたりと、かなりの徹底ぶりです。
ただその甲斐あってか、昔の日本の風景を再現してくれています。
この茶屋様式の町屋は、昔ながらの日本を思い出させてくれます。
DSC06392
DSC06390
この格子のおかげで意外と中が見えないんですねぇ。
さて、ここに来た目的は、食後のデザートを食べに来たんです。
そんなわけで「箔一 東山店」さんへやってきました。
IMG_0869
ここでの目的は、「金箔のかがやきソフト(¥891(ハクイチ))」を購入することです。
金箔をまぶしたソフトクリームは色々なお店で販売しているんですが、「箔一」さんのソフトクリームはなんと金箔丸々一枚を使用しています。
DSC06387
DSC06386
美しいでしょう…?
こんなに光り輝いているソフトリームを見たのは、生まれて初めてです。
金を食べるという斬新な行為はなかなか新鮮でもあります。
味の方は当たり前ですが、金箔には味は無いため普通のソフトクリームです。
うーんブルジョワ。

金箔ソフトを堪能した後は、少しブラブラ。
奥へ進んでいくと神社があったんですが、その境内にはなんと忍者が…!
DSC06396
DSC06397
「え?なんでこんなところに人がいるの?」って、初めは驚きました。
謎が多い神社ですね。

さて、ひがし茶屋街をぐるっと回った後は次の目的地「兼六園」へ向かいます。
歩いてる途中、地方裁判所や公園などを見かけましたが、地方の公共物は本当に綺麗で大きいですねぇ。青森観光の時も凄い建物ばかりでした。横浜横須賀はもっと県の建物とかきれいにした方が良いと思いますねぇ。
そして、「兼六園」に到着。
IMG_0871
兼六園といえば日本三大名園の一つですね。
三大名園には、どこにも行ったことないので楽しみ…なんですが、今日の天気は30℃の猛暑&湿気でジメジメ…。
果たしてゆっくり楽しめるのか少々不安です。
ちなみに向かい側は、金沢城公園があります。
IMG_0872
あちらには後ほど行くので、まずは兼六園に入りましょう。
入場料を支払って入場すると、とても静かで雰囲気が変わって行きます。
本当に広い庭園ですね…。
IMG_0874
IMG_0873
高台に位置しているため、金沢市内を見渡せます。
気持ちいい。
そして、兼六園の名物と言ったらコレ「徽軫灯籠(ことじとうろう)」です。
DSC06399
灯篭の足が二股になっており、琴の糸を支える琴柱に似ているということでその名が付いたといわれています。
確かに不思議な形をしています。
灯篭のある霞ヶ池(かすみがいけ)は園内で最も大きい池だそうで、面積は約5,800 ㎡で深さは1.5 mもあるそうです。意外と深い池なんですね。
DSC06404
池の周りには様々ものが配されており、美しい庭景を楽しむことが出来ます。
静かな場所で美しいものをみるのは、心が癒されます。
池の周辺には「内橋亭(うちはしてい)」という建物もあります。
DSC06410
この亭は石脚で支えられており、池の上に浮いているような感じになっています。
また名前の通り、亭内に橋が架かっておりその下には舟が停泊していますね。
DSC06412
なんとも風情のある建物なんでしょう。
あそこで暮らしてみたい。(湿気凄そう)
さらに園内を歩いていると、こんな松を発見。
IMG_0876
燃料を得るために、この松から油を採取したそうです。
燃料が枯渇していた日本で懸命に考えたこの松根油ですが、結局ほとんど使い物にならなかったみたいですね…。
さらにブラブラしていると、「噴水」がありました。
IMG_0877
この噴水は、先ほどの霞ヶ池の水が下ってきた水圧を利用して噴き出ているそうです。
水の高さは、3.5 m。
ただし、霞ヶ池の水位によって変化する場合があるそうです。
日本では最古の噴水と言われており、非常に歴史的価値が高い代物です。
電気を使わずにこういったものを作り上げるのはなかなかどうして素晴らしいですね。
他にも兼六園には様々な景色を楽しむことができました。
DSC06405
DSC06407
DSC06406
DSC06408
IMG_0875
美しい景色でした。
ただ、アジア系外国人観光客が暴れまわっていたのがちょっと残念。
それに暑さのせいもあり、疲労困憊の為次なる目的地へ。
目的地へ向かう途中に、良い感じの神社を発見。
DSC06414
DSC06417
やっぱり「人がいない」というのは重要ですね。
それだけで、最高に癒されます。
さて、次なる目的地の「石川県立博物館」に到着。
IMG_0878
非常におしゃれな外観をしております。
ここが博物館とは…!
さらに期間限定のイベントで「エヴァンゲリオン×日本刀展」が開催されているようです。
IMG_0879
エヴァは子供の頃に大ブームでしたが、結局一度も見たことはありません。
いつか見てみようかなぁ?
ではさっそく博物館へ。
ここに来た目的は、正確には「加賀本多博物館」を見るためです。
本多といったら、武将「本多忠勝」ですよね。
私もゲーム「戦国無双」で本多忠勝を知りました。
あまりの強さに驚いたのを覚えています。
館内は撮影禁止のため写真はありませんが、本多家所縁の品々が展示されていました。
日本刀も展示されていましたが、いつみても美しいですねぇ…。
日本刀はどうしてあんなにも人の心を魅了するのでしょうか。
不思議です。
加賀本多博物館を堪能した後は、博物館の休憩スペースで小休憩です。
ここまで相当歩いてきましたからね…。
この休憩スペースも非常にお洒落で驚きました。
こんな素敵な建物をたくさん作れるなんて石川県はお金持ってますねぇ。
休憩した後は、さらなる目的地へ出発です。
博物館のとなりには「美術の小径」という場所があり、自然豊かな散歩コースになっています。DSC06418
小径には滝が流れていたり、本多家の門跡及び堀跡など歴史的なものがありました。
都市部とは思えない静かな場所でした。
自然は素晴らしい…。
そんな歴史の小径を抜けて歩くこと数分、「野田屋茶店」に到着。
IMG_0883
事前に購入した「るるぶ」に掲載されていた気になるお店です。
ここの「抹茶アフォガード(¥400)」が食べてみたかったんですよ。
DSC06419
抹茶とバニラのミックスソフトクリームに暖かい抹茶をかけて食します。
抹茶の香りと苦み、そしてソフトクリームの甘さが絶妙でした。
やっぱり甘いものは良いですねぇ。
生きててよかった。

野田屋茶店さんで舌鼓をした後は、「金沢城公園」へ戻ります。
ここでも歩いていると、美しい建物がちらほら。
IMG_0885
迎賓館?らしいんですが、これがまた凄い建物。
旧海軍のアレみたいですね。
IMG_0886
その建物周辺も非常に綺麗な芝生になっています。
金沢恐るべし。
そして、金沢公園に入るとこれまた美しいお庭がありました。
DSC06420
金沢は本当に美しい所ですねぇ。
金沢公園には他にもお城跡や石垣などの歴史的なものもあります。
DSC06422
IMG_0888
DSC06421
さらには、広大な広場まで。
IMG_0889
いやぁ広いですねぇ。
これなら、運動公園としてもつかえますね。
こうやって市民に利用されるような公園があると嬉しいですねぇ。
というか羨ましい。

ここら辺まできて、気温と湿度がさらに上昇してる感じがしてきました。
周りの観光客もほとんどの人が日陰に避難しており、私の体も悲鳴をあげています。
これ以上の観光は無理と判断したため、金沢駅に戻ることに。
公園をでると、目の前に謎のお屋敷がありました。
「見学自由」と書かれており、門が開いていました。
ちょっと面白そうと思い、入ってみました。
DSC06423
DSC06424
これぞ、日本ですね。
写真を撮っていても楽しかったですし、何よりそこに居るだけで心が惹かれていました。
いまの機能性を重視したものも良いですが、こういった風情があるものもやはり良いものですねぇ。残しておきたい日本の風景の一つです。

さて、駐車場に戻ってきました。
時刻は、もう夜に差し掛かろうとしています。
流石に疲れたので、今回の宿泊地へ向かうことに。
アクセラに乗り込み出発です。
来た道を一度戻り、加賀方面へ。
そして今回、宿泊したホテルはこちらになります。
IMG_0894
「癒しのリゾート・加賀の幸 ホテル アローレ」さん。
雄大な白山連峰の山並みを一望できるスパ&リゾートです。
ゴルフ場やプールなどを兼ね備えたハイグレードなホテルです。
見た目がちょっと古臭く、ホテル周辺の閑散さをみてしまうとちょっと怖いかもしれませんが、室内に入ってみるととっても綺麗なホテルです。
IMG_0892
庭には池と噴水があり、奥には結婚式用のチャペルも併設されています。
そんな「ホテルアローレ」で2泊します。
お部屋はこんな感じです。
IMG_0890
一人での宿泊でしたが、なんとベットが二つ。
お部屋は非常に広くて快適でした。
アローレさんありがとう。
さっそく、大浴場でひとっぷろ浴びることに。
大浴場のほかに露天風呂もありました。
少し質素な感じがしましたが、温泉のお陰で疲れが取れました。
旅の疲れを温泉で癒した後は、コーラで一服。
このコーラ、よくみてみると変わったデザインをしています。
IMG_0893
石川県の専用デザインでした。
こんなものまであるんですねぇ。
知らなかった。
ここで、今日の歩数をチェックしてみましょう。
FullSizeRender
約2万歩歩いたようですね。
今日は本当に疲れた…。
それでもディズニーの時より歩いていないんだなぁと。

少し休憩した後は、ホテル内にあるバーでオトナな時間を過ごしてみました。
IMG_0895
普段は一切お酒を呑まない私。
まずカクテルの名前さえわからず、四苦八苦。
そして、アルコール度数の高さにちょっと驚きましたが、素敵な夜を過ごすことが出来ました。
2日目は、『能登半島』へ行ってみたいと思います。

次回→アクセラと行く!石川県一人旅 2日目(能登半島編)