マツダ NDロードスターの兄弟車である「FIAT / ABARTH 124スパイダー」。
どうやら最新バージョン「v59.00.524」が登場していたようです。
mazdaconect
※124 SPIDERでは【124 SPIDER INFOTAINMENT SYSTEM】という名称です。
詳細は、海外の124 SPIDERを所有している方のブログから
21ST CENTURY FIAT & ABARTH 124 SPIDER(海外外部リンク)

上記リンクのブログによると、2017年11月後半から北米で更新?(新車のみ?)が行われているようです。そして、「v59.000.502」以上であることからUSBポートを介したカスタムが防がれているので注意が必要と書かれています。(ただしマツダコネクト同様「ID7」を施しておけば、バージョンアップしてもカスタムは可能のようです。)
ついに124スパイダーにも大型更新が来ましたね。
国内の124スパイダーにも更新が来ているのでしょうか?
今年から来年にかけてマツダコネクトではApple CarPlay / AndroidAutoが対応され、124スパイダーにも対応されるのでしょうか?
ちなみに、124 SPIDERにはマツダコネクトと同一バージョンを使用しておりません。
専用バージョンとなっております。
これは機能的に異なる部分が多いためで、無理矢理双方のバージョンをインストールするようなことはしないことをお勧めします。
さらに上記ブログでは、ブログの他に124スパイダー用のAIO(カスタムツール)の開発がずいぶん前から行われています。基本はマツダコネクトと同様な機能です。

さらに、アルパイン製の9インチナビを取り付けていました。
キャプチャ
(画像引用:21ST CENTURY FIAT & ABARTH 124 SPIDER(海外外部リンク))
これにより、Apple CarPlayにも対応して利便性が向上しているようです。
ただ見る限り、9インチだとフロントガラスの視認性の問題で傾きが大きく、太陽光の反射などが気になりそうです。やはりナビ画面は縦方向に長くするのではなく、横方向に伸びた方が良いみたいですね。