日本向けに設計された7人乗り大型SUV「マツダ CX-8」。
その「CX-8」が、オーストラリアと中国で発売時期が公開されました。
キャプチャ

オーストラリア

公式WEBサイトの表示に変化がありました。
Brand-New Mazda CX-8 Disel Competition(外部リンク)

キャプチャ
上記画像のように発売日のカウントダウンが始まっています。
どうやら6月後半にも発売されるようです。
(公式サイトの動画、面白いのがちらっと表示されるデジタル時計が現在時刻を指しています。)
オーストラリアも右ハンドルですので、改良はそこまで必要なさそうです。
エンジンもディーゼルのようですし。
ですが、サンルーフなどは一体どうするのでしょうか?
海外で販売して行く以上そういった装備が必要になってくるので、いずれかは追加されるのでしょうねぇ。

中国

北京モーターショー2018で参考出展としてCX-8が公開されました。
中国マツダの公式WEBサイトにもプレスニュースがあります。
至臻驾乘愉悦 睿创灵动人生 全新三排座跨界SUV“Mazda CX-8”于2018北京国际车展首发(外部リンク)
DboJhmvVwAELuGM
上記記事によると、「今年下半期に長安マツダチャンネルを通じて生産・販売される。」と書かれていました。CX-8といえど、中国生産になるようです。
気になるエンジンラインナップですが、詳細は書かれていません。
北京モーターショーで参考出展されているCX-8は、どうやら日本仕様のようです。
中国ではガソリン仕様がささやかれていますが、どうなんでしょうか?
今後が楽しみです。

まとめ

CX-8も続々と海外進出を果たしましたねぇ。
日本では6~7月頃に、7人乗りのレザーシート仕様が追加されます。
それと同時期にオーストラリアでも発売と。
さらに同時期に、国内ではアテンザ、CX-3、ロードスターなど続々と改良されます。
2018年はマツダにとって、SKYACTIV-Xまでの繋ぎの年ですが、どんどんと攻勢をかけていくみたいですね。
これからも期待です。