表題の通り、パソコン上の画像をキャプチャする方法です。(WINDOWS)
既存の知識ですが、自分の健忘録として記しておきます。

snapping

Snipping Tool

windows10に標準搭載されているツールです。
上記画像がそうです。
このツールの素晴らしい所は、「自分の指定した範囲のみキャプチャできる」ところです。
Macであれば、「【Command】+【Shift】+【4】キー」を押してできる機能ですね。
それがwindowsでもできる優れもの。
snapping2
操作方法は、「Snipping Tool」の【モード】から自分の好みの選択を選ぶだけです。
私は普段は「四角形の領域切り取り」を選択してキャプチャしています。
保存ボタンを押せば、そのまま画像ファイルとして保存可能。
事務職の知合いに、このツールのことを話すと知らない人が結構いたので意外でした。
こんな便利なツールはぜひとも使ってほしいですね。

エクセルの表を画像ファイルに変換する方法

上記のツールで大抵のことはできます。 ですが、エクセルの表を作成して画像ファイルにしようとしたとき、表が大きすぎて画面に収まらない場合があります。そんな時に利用できる方法です。
操作方法は簡単。

エクセルで作成した表を選択

「コピー(【Ctl】+【C】キー)」

「ペイント」を開く

「貼り付け(【Ctl】+【V】キー)」をするだけ。

ペイント上にエクセルで作成した表が画像として張り付けられます。
これを保存するだけで、画像ファイルに変換可能です。
コピーした際には、エクセルの枠線はそのまま表示されてしまうので選を表示させてくない場合にはあらかじめエクセル側で非表示にしておきましょう。

まとめ

【Print Screen】キーでキャプチャしてもいいですが、ペイントで編集しないといけないのでこういった小技を覚えておくと便利ですね。
私はつい最近まで、エクセルの件を知りませんでした。
まだまだこういった便利な小技がたくさんあるんでしょうねぇ。