ニューヨーク・インターナショナル・オートショー2018にて、マツダは「2019 CX-3」を発表しました。
2019CX3debutャ


発表の詳細はこちら
マツダ、2018年ニューヨーク国際オートショーで2019年CX-3を発表(北米マツダ)(外部リンク)

新しいCX-3の特徴

(マツダの公式発表より抜粋)
・改良されたエクステリア
・新しいデザインのホイール
・大幅に改良されたインテリア
・前後座席にアームレストを標準装備。
・改良されたNVH(より厚いドアパネル、リアドアガラス、ヘッドランナーなどなど)
・電子パーキングブレーキを搭載
・STOP&GO対応 MRCCを搭載
・新しいLEDヘッドライト

・改良された2.0Lガソリンエンジン(最大馬力:148馬力)
・欧州では、1.8Dエンジンをラインナップ。

などが挙げられています。

改良CX-3の外装

まずは改良されたCX-3の画像をご覧ください。
cx-3gakan
P1J15400l
kao3
cx-3gaikan2
ヘッドライトに変更はありません。
しかし、フォグランプ下部分には「メッキ加飾」が追加。
フロントグリルもCX-9のような太いデザインに変更されています。
サイドのメッキ加飾も現行では斜めだったのが、水平基調に変更されています。
cx-3gaikan3
2019CX-3
キャプチ987
light
light2
リアランプは、新しいデザインが採用されているようです。
新しいというか、KF型CX-5と似ています。
全体的にCXシリーズに寄せたデザインになっていますね。
これで、CX-5などと兄弟車として認識しやすくなりました。

改良CX-3の内装

内装も大幅に深化しています。
全体的に無駄をそぎ落としたデザインとなっており、落ち着いていますね。
キャプaaaチャ
koukyuャ
cx3noャ
MT
cx3ddaa
フルレザーシートの設定も追加されたそうです。
さらに新素材のウレタンなども使用して、静音性アップ。
そして、コマンダーコントロールがアクセラと同じになりました。
komannda-
horuda

コマンダーコントロールの横には、EPB(電子パーキングブレーキ)も搭載。
よく見ると、シフトレバーがある部分より枠線がちょっと膨れています。
結構ギリギリな感じで搭載できたんですねぇ。
開発者の苦労が垣間見えます。
さらに、今回の改良一番のポイントである「前後座席のアームレスト」も標準装備になりました。
特に面白いのが、「リアシート」のドリンクホルダー部です。
a-muャ
a-mu2ャ
面白い仕組みになっています。
折り畳み式でもちゃんと2つ置けるようになっています。
これはマツダも頑張りましたねぇ。
面白い。
[04/29追記]
運転席のドリンクホルダーも面白い機構になっています。
詳細はこちら
2018改良CX-3のドリンクホルダーは収納可能

センターディスプレイについて

foo
マツダコネクトのセンターディスプレイはどうやら現行と同じ7インチのようです。
ここは、8インチにしてほしいですねぇ。
この改良CX-3は、今年の春に北米で発売予定だそうです。
さらに2018 Mazda6は、Apple CarPlay/AndroidAutoが今夏に追加される予定です。
詳しくはこちら
Mazda6(日本名:アテンザ)には夏ごろにApple CarPlay/AndroidAutoが搭載予定

おそらく北米で先行発売後、日本でも発売される見込み(6月ごろ?)です。
他の情報も楽しみですね。

(追記)
Mazda EUのプレスニュースが更新されました。
Mazda reveals 2018 CX-3 at New York Auto Show(Mazda EU)(外部リンク)
本文より一部引用
Exterior changes include a newly designed front grille, the option of the beautiful Soul Red Crystal paint and new 18-inch aluminum wheels*. The new interior features a central armrest, an electronic parking brake with “auto-hold”-function* and extensive i-ACTIVSENSE safety systems enhancements including a new traffic jam assistant* (in combination with SKYACTIV-Drive automatic transmission) and a Matrix LED lighting system*.

The SKYACTIV-D diesel engine for the Mazda CX-3 2018 offers numerous improvements that ensure it meets the EURO 6d-Temp emission standard, including real-drive emission test (RDE). The lowered combustion temperature, achieved by an increased displacement of the four-cylinder among other engine upgrades, leads to even lower NOX raw emissions. A NOx storage catalyst reduces the few remaining nitrogen oxide components in the exhaust gas to the level required for Euro 6d-Temp standard.
北米では書かれていなかった情報がチラホラ出ています。
まず、a new traffic jam assistant です。
こちらは、ストップ&ゴー対応のMRCCだそうです。
こちらの機能は、AT車のみのようです。
(追記終わり)

新型1.8Lディーゼルエンジンについて

日本国内では、1.5L ディーゼルエンジンの代わりに「新型1.8Lディーゼルエンジン」が搭載されるそうですが、NYオートショーでは発表がありませんでした。
(北米ではディーゼルモデルないので、ガソリンモデルのみ発表された模様)
しかしヨーロッパマツダのプレスニュースなどでは、新しいSKYACTIV-D 1.8について触れています。
1.8Lディーゼルエンジンが登場するのは、確定のようですね。

Mazda × Amazon

そして、なんとマツダはAmazonと手を組むようです。
広告パートナーとして手を組み、北米で新たな広報活動を行っていくみたいですね。
キャddプチャ