荒れた天候が続きましたが、すこしづつ暖かくなってきました。
以前、大浦海岸に行ったときに「ここでご飯食べたら気持ちいいだろうなぁ」とうっすら考えていました。ちょうど実行するにはいい天気なので、さっそく行ってきました。
IMG_0057

お昼ご飯は、行く途中にあるマクドナルドで購入することに。
先月、dカーシェアの得点で1,000円分のdポイントが手に入っていたので丁度いいですね。
それにしてもドコモは太っ腹な事をしますねぇ。
さっそくセットを購入して目的地へ。
IMG_0046
季節外れのため、相変わらず人影がありません。
風は少し吹いていますが、そこまで強くありませんでした。
手ごろな場所を見つけ、さっそくお昼御飯です。
IMG_0047
新発売された「カケテミーヨ チーズボロネーゼ」を購入してみました。
ポテトにデミグラスソース&チーズをかけて食べる新感覚商品らしいんですが、ミートソース味がかなり強くポテトを食べているというより、スパゲティを食べている感じですね。
個人的には普通にポテトを食べた方が良いかな?と思いました。
それにしても、誰もいないビーチで食べるご飯は本当に素晴らしい。
何を食べても美味しく感じますねぇ。
お昼ご飯を食べ終わったら、少しお昼寝。
日差しが丁度よく、自然と眠気が襲ってきました。
少し寝た後は、持ってきた本を読んでいました。
その本とは、最近購入した「心配事の9割は起こらない 三笠書房」です。
昔から極度の心配性な私には、非常に為になることがたくさん書かれていました。
最近流行の自己啓発本とは多少異なり、禅を交えて色々と教えてくれます。
結局はありきたりなことが書かれていますが、禅の教えを学ぶうちに「大昔から人は同じことで悩んでる」ということが理解できました。
誰しもが同じ悩みを抱え、誰かに教えを乞うんですね。
なので、「なんで自分だけこんな悩まなきゃいけないんだ…。」など考えなくていいんです。
そして、あたりまえと思っている事をもう一度、丁寧に繰り返していくことが大事なんですね。
今までモヤモヤしていた自分の考えが、少しまとまってきました。
こういった本に出会えると、本の魅力を感じます。
さて、本も読み終わったので少し探検です。
IMG_0053
前回行った、特攻艇「震洋」の格納壕跡。
今回はそのさらに奥へ進んでみました。
道はとても狭く、潮の満ち引きによっては通れないかもしれませんね。
なんとか進んでいくと、明らかに人工的な木造の橋を発見。
IMG_0052
橋の下にはコンクリートの橋?が倒れていました。
昔、ここに橋があったんですね…。
橋の上に立って陸側も見ると、またしても格納壕跡らしく物を発見。
IMG_0048
IMG_0051
壕の側面をみると、人工的に掘ったような跡があったので、ここにも格納壕があったのかもしれませんね。
さらに橋の先を行こうと思ったんですが、ここから先は足場が非常に悪く止めておきました。
さすがにここで海に落ちたくないですからね…。
砂浜に戻り、次なる目的地「遠津浜海岸」へ。
キャプチャ
大浦海水浴場の隣なんですが、直結しているわけでなく、一度道を戻ってから遠津浜海岸へ向かいます。こちらはこじんまりとした海岸。
行く途中の道は大変狭く、舗装されていないために車などで行くことはお勧めできません。
私はスーパーカブで行ったんですが、何回か滑りました。
ちょっと怖い思いをして、到着。
IMG_0056
こちらも人影はなく、とても静かな素敵な場所でした。
ちょっとしたプライベートビーチみたいですね。
IMG_0057
砂浜の奥には怪しげな空間が…。
こちらも大浦海水浴場と同じような造りでした。
IMG_0051
奥は結構深く、こちらも人工的に掘ったような跡が。
IMG_0061
さらに、岸壁に道らしきものを発見。
これは行ってみるしかないでしょう、ということでいってみました。
道があるといっても、恐ろしく狭く、また険しい道です。
さながらインディージョーンズのようでしたね。
少しでも足を滑らせたら、海へ真っ逆さまです。
IMG_0075
恐ろしい…。
IMG_0074
写真だとどれが道かが分かりづらいですが、実際には意外とわかります。
なんとか進んでいくと、今度は巨大な穴を発見。
IMG_0062
IMG_0063
IMG_0064
IMG_0067
IMG_0068
IMG_0070
こちらの穴は、今までのものと比べ物にならないぐらい大きいですね。
十メーター以上あるかもしれません。
入口付近から覗いてみると、やはり人工的に掘った跡がみられます。
こちらも震洋などを格納していた壕なのでしょうか?
IMG_0071
入口付近にはちゃんと階段もあります。
他には、綺麗な長方形の形をした穴もありました。
IMG_0072
IMG_0073
やっぱりここも格納壕だったんでしょう。
これだけきれいに残っているのも珍しいですね。
三浦半島には、まだまだ海軍の遺構がたくさんありますね。