先日、デミオとアクセラとCX-3の1.5ディーゼルエンジンに対するリコールが発表されました。
デミオ、アクセラ、CX-3のリコールについて(マツダ公式)(外部リンク)
リコールの内容は、

「ディーゼルエンジンにおいて、エンジンの保護制御が不適切なため、無負荷状態でアクセルを全開した際に燃焼異常が発生しても、エンジン保護機能が作動しません。そのため、燃焼異常により燃焼圧力が上昇し、最悪の場合、エンジンが破損するおそれがあります。」

だそうで、無償での修理がマツダ販売店で受けることができます。
ただ、その修正内容にマツダの新技術?を追加してくれるようです。

キャプチャ
ディーラーでリコールを受ける際の説明には以下の内容があるそうです。(私のTwitterを参照)

エンジン制御の最新化による商品性向上
・アクセル操作に対するエンジントルクの応答性向上(ディーゼルエンジン精密過給制御)
・ナチュラルサウンド周波数コントロール制御(エンジンノック音低減)
・駐車時の操作性改善
①リバース走行(バック)時のコントロール性向上
②駐車時のi-stop制御改善(ギアをリバースに入れた後i-stopを一時的に停止)
i-stop制御復帰条件:車速15km/h以上の前進走行を1分間継続すると解除。また、25km/hの前進走行を行った場合は即時解除されます。


このように、「Dエンジン精密過給制御」「ナチュラルサウンド周波数コントロール制御」「i-stop制御」が修理内容に含まれているそうです。
該当車種にはこの技術が搭載されていなかった車種もあるので、納車後に機能追加というのはなかなか珍しいですね。1.5Dエンジンは中々発展途上なエンジンで、色々と問題があるようですがマツダも積極的に修正をしているようです。該当車種をお持ちの方は早めにリコールを受けた方が良さそうですね。