いつのまにかマツダコネクトのバージョンが更新されていました。
今回は『v59.00.540』です。

キャプチャ
今回のバージョン「v59.00.540」は納車時のクルマから発見されたわけではなく、既存車(BM前期型アクセラやDJ前期型デミオ)のマツダコネクトのCMUを更新しているのから発見されました。
久々に全車種対応のバージョンがきたみたいです!
更新内容などは現在調査中(※)ですが、既存車に対してCMU更新が行われたのは興味深いですね!
一体どんな変更点があったのでしょうか?
気になる方はディーラーへお問合せを。
ただディーラーによっては、まだ受付を開始していない場合があるので注意してください。
また車両の一般保証(3年もしくは6万キロ)及び延長保証(5年もしくは10万キロ)が切れてしまっている方は、更新作業の工賃が発生する場合があります。
しかし、場合よっては無償での更新の可能性があるため、必ず担当に確認をとることをお勧めします。


【01/25追記】
更新内容の詳細が発表されました。
詳細はこちら→【マツダコネクト】「v59.00.540」の詳細が正式発表