またまたマツダの特許に関してです。
こういうのは暇つぶしに見ていると面白ですね。
今回も色々な特許を見ることができました。
Twitterで投稿したネタを纏めてみました。

特許の内容は以下の通りです。
・積層塗膜及び塗装物
・追従走行制御装置
・電動車両
・シリーズハイブリッド車両のエンジン制御装置
・電子ミラー制御装置
・レーザー点火式エンジンの制御装置
・運転者状態検出装置

DTQvEW9U8AMNssY

「運転者状態検出装置」なんてかなり面白そうな技術ですね!
マツダが宣言していた緊急時の自動運転というのを実現させるための特許みたいです。
実用化されれば非常にいいんですが、どうやら現段階では実用化には至っていないようです。
ただ、マツダはひたむきに研究を続けているようで安心です。
その他に気になったのは、「塗膜」と「電子ミラー」、そして「運転支援システム」ですね。
塗膜は新色関連だと嬉しいんですが、内容を読むと”赤色”に関することみたいです。
電子ミラーに関しては、結構頻繁にミラーに関する特許が出願されているので、次世代アテンザあたりに搭載されそうな気がしないでもないですね。
最後に米国特許の「運転支援システム」は面白いですね。
マツダの意地でも”運転させたい”という想いが伝わってきます。
運転手が気を逸らしそうになるとマツダコネクトが色々とやってくれるみたいです。
たしかに自動運転が普及しても、人間が制御しなければいけないのは変わりませんもんね。
Be a driver.の精神は忘れてはいけません。
引き続き、マツダに期待したいですね!