遠出する際は大体共にしてきた「アクセラ」。
このブログの主役ともいえる存在です。
そんなアクセラですが、諸事情により手放すことになりました。
DSC04223

諸事情というのは、事故やら故障などではなく生活スタイルの変化です。
車に乗る機会も減るので…。
まさかアクセラを手放す時がこんなに早く来るとは思ってもいませんでした。
購入当初から乗り潰すつもりでいましたし、その気持ちもついこの間までありました。
運命のいたずらというやつなんですかね、あまりの青天の霹靂というべき出来事です。
手放すことが決まった以上、事は早い方が良いという判断で急いで動き出しました。
私のアクセラは型落ち&2月車検&過走行気味ということもあり、あまりウカウカしていられません。
さっそくディーラーや買取専門店へ行ってみました。
初めはお世話になったディーラーに買取してもらおうと思ったのですが、その旨を話しても連絡なし…。
しかたなく近場にある違う販社へ行ってみることに。
そこでは、中々いいお値段の査定を頂きました。
続いて買取専門店へ。
2社行きましたが、片方はかなり酷い対応でした。
あそこは二度と行きたくありませんね…。
もう1社は、物腰も柔らかくちゃんと説明してくれていい印象。
ここにしようかなと思いましたが、買取価格がちょっと低い。
というわけで、一番買取価格の高い所に決定。
そんなこんなで色々と決まっていく中、お世話になってるディーラーからは連絡がこないので、電話をしてみることに。
どうやらそうとう忙しかったみたいで、こちらに手が回らなかった模様。
買取価格を教えてもらいましたが、かなり低めなのでお断りしました。
最後の最後まで、あのディーラーとは気が合わなかったなぁ…。
という訳で、契約を交わして買取が確定しました。
アクセラを引き渡すまで、すこし時間があるのでそれまで一緒に居たいと思います。


ここからは完全に個人的なんですが、少しだけアクセラとの思い出話をさせてください。
アクセラと出会ったのは以前記事に書きましたが、あの頃は心理状態が悪く荒んでいた時期でした。
怒りや憎しみ、嫉妬や妬み、そして不安、そんな感情ばかり頭の中によぎっていました。
そんな時、気分転換にと車を購入しようと思い、出会ったのがアクセラでした。
今でも忘れません、納車前夜が眠れなかったのを。
納車された翌日には、会社を休んで伊勢旅行にも行きました。(上司に反抗して初めて有給をとった)
何事も初めてな事ばかりで、緊張と不安で旅行というよりも移動という感じの旅でしたが、楽しかったですね。
それから仕事帰りは遠回りして必ず駐車場の前を通って、アクセラを眺めていました。
アクセラを見るだけで元気をもらえました。
仕事がつらくても休みにはアクセラで必ず出かけたり、駐車場内の車内で寝たり。
常にアクセラと共に過ごし、生きてきましたねぇ。
仕事がら荒くなっていた運転も、アクセラに乗ってからは大分改善されました。
マツダのイベントにも行くようになり、運転に対する考え方や車への考え方も変わりました。
マツダの言っていた「単なる道具ではない」という意味が分かったような気がします。
私にとって本当の”相棒”でした。
仕事で辛かった時も、友達や恋人とドライブした時も、祖母が亡くなった時も旅をした時も、共に歩んできました。
特に覚えているのが、前職の退職日に車内で大泣きしたことです。
やるせなさや虚しさ、自分のしてきたことの意味がわかなくなり深夜まで泣いていました。
人生で一番つらかったかもしれません。
大の大人が恥ずかしい限りですが、挫折というやつですね。
絶望のどん底でしたが、アクセラが様々な場所に連れってくれたおかげで救われました。
走る歓びを教えてくれたおかげで、本当に色々な所へ行きました。
ブログでも書いていない場所にも沢山いきました。
あの数々の思い出は一生忘れません。
アクセラと過ごした約2年10か月という短い期間でしたが、とても凝縮されています。
色々な事を教えてもらい、様々な感情を受け入れてくれたアクセラにはただただ感謝の一言です。
思い出を勇気に変えて。
次なるステップを目指します。