1日目はこちら→デミオと行く!1泊2日青森旅行1日目(竜飛崎→むつ編)

11/28 0600時
起床。
昨日の疲れで熟睡でした。
とりあえずシャワーです。
これは欠かせませんね。
そして、外を見るとまだまだ日が出ていない様子。
DSC03952
朝食は0700時ということで、昨日出来なかった荷物の整理を行いました。
そんなこんなで、7時前。
あたりが明るくなってきました。
太陽が姿を見せてきました。
DSC03955
ホテルの窓から見る日の出です。
とても綺麗ですねぇ。
空のグラデーションと太陽光。
それと対をなす山々の暗がり。
とても幻想的な風景です。
こういったものをみられるのも旅の醍醐味ですね。
DSC03954
駐車場にいるデミオの様子をみてみましょう。
あらら、窓ガラスが凍っています…。
前が見えなさそうですねぇ。
それにしても驚いたのが、昨夜に比べて車の数がえらい増えていました。
みなさん、夜遅くにチェックインしたんですかね。
あんなにガラガラだったのに。

0700時
朝食の時間になったので、1Fのレストランへ移動です。
ここの朝食はビュッフェ方式ではなく、和食か洋食かを選択して決められたものを貰えます。
但しごはんと味噌汁はセルフサービスになっており、おかわり自由です。
ついでに飲み物も。
私としては、ご飯をお腹いっぱい食べられればそれでいいので、文句なし。
私は和食を選択したんですが、おかずのお魚(ホッケ?)や味噌汁もとても美味しかったです。
うん、ここもなかなか良いホテルです。
やはり、朝ご飯をしっかり食べないとダメですねぇ。
特に体力を使う旅行では。
お腹いっぱい食べて朝食終了。
出発するんで、荷物をとりに部屋へ戻ります。
部屋を出る前に、これからの予定を再確認。
次の目的地は「大湊」です。
ここから30分弱で到着してしまう程の近い距離です。
ただ、見学できる施設が10時から開館なので、それまではどこかで暇を潰していなければなりません。
現在時刻は0720時なので、到着は大体0800時くらいでしょうか?
結構な時間に余裕があります。
なので、ちょっと寄り道をして恐山方面へ行ってみようと思います。
現時点では恐山は閉山中で立ち入り禁止なんですが、行けるとこまで行ってみようと。
ちょっと本格的な雪道も体験してみたいし。
そうと決まれば、チェックアウト。
さっそくデミオに乗り込みます。
2017-11-28-07-18-08
2017-11-28-07-21-59
案の定デミオのフロントガラスは凍結しており、全く前が見えません…。
とりあえず、エンジンを始動して暖気をしつつ、車内を暖めましょうか。
いやぁさすが雪国、横須賀では味わえないことがありますねぇ。
しばらくアイドリングしてエアコンMAX、そしてワイパー。
やっと前が見えるようになったので、よし、出発!
目的地は、恐山(手前)です。
朝のむつ市内の道は、どこも凍結しています。
市街の道はまだいいんですが、離れていく内に段々と山道に。
そこは想像を絶する凍結路になっていました。
滑る滑る…!!
何度かハンドルを取られましたが、冷静に対処。
こういうときは、あせらずゆっくりと前進。
ガタゴトいいながらデミオは前進していきます。
DSC03959
しばらく進んでいくと、県道4号みつ恐山公園大畑線の看板が現れてきました。
そしてその先は…
image
image
ナビによるとここを直進すると恐山らしいんですが、ここで道は閉鎖されていました。
確かに雪が半端ないですねぇ。
4月20日まで閉山とは、これからもっともっと積もるんでしょうねぇ。
さすが恐山です。
クルマを路肩に停止して外に出てみると、とても静寂した空間が。
そして何より空気が美味しい。
これはたまりませんねぇ。
DSC03958
こういった穏やかな雪山の朝は、「素晴らしい」の一言です。
決して、横須賀では味わえないものがそこにはありました。
来てよかったぁ。
DSC03960
DSC03962
DSC03961
雪の質もフワフワで踏んでいて気持ちが良かったです。
飛び込みたくなりますね。
ヒトの足跡もありますが、動物の足跡もちらほら。
何の動物なんでしょうねぇ?
せっかくなので、デミオ×雪のコラボ写真を撮影。
DSC03956
DSC03957
DSC03963
デミオのブルーリフレと雪というのもまた一興ですね。
相変わらずいい色だ。
写真も撮り終え山の空気を満喫したので、出発です。
本来の目的地である「大湊」へ向かいましょうか。
来た道を戻るんだろうなっと思ったんですが、一応ナビをセット。
すると、スマートナビさんは見知らぬ道を案内してきました。
どうやらこの閉鎖された道の手前にもう一本、道がありそこを進んでいくと大湊まで近いようです。
地図を見る限り、クネクネの山道で見るからに不安ですが、違う道を通ってみたいという好奇心が勝ったので行ってみることに。緊張しながら、慎重に進んでいきます。
不安の予感的中でどんどんアスファルトの姿が消えていき、一面雪だらけ。
DSC03969
一応、以前通ったであろうクルマの跡があるので、走行はできますが怖い怖い。
あーこれやばい!っと引き返そうと思いましたが、何故か咄嗟に「行ける!」と判断してしまい進むことに。
ガタガタ、ツルツルでさらには急カーブ&坂道と、どこぞのアトラクションのような感じでした。
それでもデミオは安定した走りをしてくれます。
これがマツダのAWDの性能か・・・!と感心しました。
雪道素人の私でも、デミオのおかげでグイグイと進んでいきます。
マツダのクルマは、本当に運転をしていて楽しいですね。
しばらく進んでいくと、ひらけた場所に到着。
DSC03966
DSC03967
そこにはむつ市を見渡せる場所がありました。
新鮮な空気、綺麗な朝日、遠くに見える山々と紅葉。
絶景ですね。
きてよかった。
DSC03965
また、下北半島最高峰の「釜臥山」もみえました。
頂上には航空自衛隊のガメラレーダーもひょっこりと顔を出しています。
それにしても雪山美しい…!
雪というのは不思議な魅力がありますね。
DSC03968
DSC03973
ついでに雪道を頑張っているデミオを撮影。
なかなかハードな道のりですが、グイグイ登っていくデミオに惚れ直しました。
小さな体に大きなパワー。
素晴らしい。
DSC03972
さらにちょっと進んだ場所には、休憩所やお地蔵さまがありました。
道中の安全を見守っているんですね。
ありがたい、ありがたい。
さて、大湊を目指して進んでいきましょう。
今までは坂道が続いていましたが、ここから先は下り坂が連続しています。
それでもデミオはなんのその、安定した走りを続ける姿は本当に心強い。
道中にも美しい景色がありましたが、写真を撮影している暇なく、あっという間に下山完了。
山を下りると、そこはもう大湊でした。
DSC03974
ちょっとした高台から海を見渡すと護衛艦の姿がみえます。
朝日に照らされた護衛艦たちカッコいいですね。
とりあえずクルマをを駐車できる場所へ移動です。
2017-11-28-08-17-42
安渡館の駐車場に到着。
周りをブラブラしてみましたが、どこもまだ閉まっていますね。
2017-11-28-08-19-28
やはりどこも10時からみたいです。
現在時刻は0830時…。
時間がありあまりすぎてますねぇ。
近くに観光案内板があったので、観光できそうな場所を確認。
「水源地公園」へ行ってみることにしました。
DSC03975
水源地公園の駐車場へ移動。
ここは雪がたくさんあって楽しい。
それにしてもデミオかっこいいなぁ。
さて、クルマを降りて目的地へ向かいます。
2017-11-28-08-24-18
公園の階段は雪が積もって坂道になりかけていました。
誰かが通った後を頼りに慎重に下ります。
イヌの足跡がちょこんとついててかわいい。
DSC03976
朝ということもあり、空気が澄んでて誰もいないので本当に気持ちが良い。
こういう場所を毎日、散歩してみたいですねぇ。
2017-11-28-08-26-26
敷地内には川も流れています。
DSC03983
川には橋が架かっておりその橋を渡ると、目的地「旧大湊水源地水道施設」に到着。
DSC03978
水源池公園には、沈澄池堰堤を含む「旧大湊水源地水道施設」があり、これは、海軍専用水道施設として明治35年起工、同43年までに各施設が竣工し、昭和20年まで使われた後、当時の大湊町に引き継がれ昭和51年まで市民の上水道として使われていました。
 この水道施設は、平成5年に県重宝に指定され、さらに平成13年には土木学会選奨土木遺産に認定されています。平成21年には国の重要文化財に指定されました。また、公園内は、陸奥湾を眺望しつつ、水と親しみ、桜等を鑑賞できる憩いの場として整備され、起伏に富んだ地形と、桜、杉等の既存樹木のほか、つつじなども人々の目を楽しませてくれます。
 また、平成21年12月に「旧大湊水源地水道施設」が国指定重要文化財になったことを受け、平成22年度から市民の皆様と共に周辺のまちづくりについて検討し、さらに平成23年度から平成27年度まで、北の防人大湊地区都市再生整備計画事業を行いました。
むつ市公式ホームページより引用(外部リンク)

昔は海軍専用施設として使用されていたんですね。
とても歴史的建造物です。
2017-11-28-08-32-24
2017-11-28-08-31-40
2017-11-28-08-30-17
ダムのように貯水池があり、そこから水が流れていくようになっています。
石垣のアーチがとても芸術的です。
これが明治時代に造られたものなんですねぇ、今でも現役ですよ。
すごいなぁ。
2017-11-28-08-28-33
他にもこんな橋があったりしますね。
2017-11-28-08-32-11
貯水施設の上には赤色の小屋がありました。
気になったのでいってみると…
2017-11-28-08-31-07
残念ながら中は調査中の為に入ることができませんでしたが、覗くことはできたので撮影。
これは監視所でしょうか?
モダンな造りですねぇ。
2017-11-28-08-34-25
水槽跡があったりと国の重要文化財がゴロゴロあります。
最近はこういったのものをみてばっかりな気がします。
けれど、そういったものを見て、楽しく感じるのも幸せですね。
今まで自分が知らなかったものを知ることは、とても嬉しい事です。
ぐるっと一回りして車へ戻ります。
時刻は0850時。
まだ早いですが、とりあえず本来の目的である「北洋館」へ行ってみることに。
北洋館編は別記事ににて→デミオと行く!1泊2日青森旅行 2日目②(大湊・北洋館編)

北洋館で素敵な時間を過ごしました。
それでは、次の目的地「大間」へ。
旅行が終わって気づいたんですが、最初に駐車した「安渡館」に行く事をすっかり忘れてしまいました。
ちょっともったいないきがしますが、北洋館で充実した時間を過ごせたんでOKです。
というわけで「大間」に向かいます。
大間へは下北半島をひたすら北上します。
北洋館の方が仰っていましたが、下北半島の大きさは大体山手線と同じくらいの距離感らしいです。
大湊が品川で、大間は上のあたりのイメージでしょうか?
距離はどうあれ、ひたすらデミオを進ませていくのみです。
デミオを走らせること1時間半?くらい。
本州最北の地、「大間」へ到着。
2017-11-28-11-29-58
2017-11-28-11-29-30
ついに私も本州最北端へやって参りました。
わが愛車のアクセラと来ることができなかったのは残念です。
それでもデミオとは来ることができたんで、アクセラも納得してくると思います。
最北の記念オブジェに、あの有名なマグロのオブジェもありました。
DSC04024
2017-11-28-11-32-31
2017-11-28-11-31-56
このマグロ、実寸大らしいです。
こんなの一本釣りするんですねぇ…。
逆に人が海に引きづりこまれて行きそうな気がします。
凄いことやってるんですねぇ。
腕のオブジェが鋼の錬金術師の錬金術に見えたので、そういう写真撮りたい方におすすめですね。
本州最北端の地から海をみてみましょう。
うっすら北海道がみえます。
DSC04025
こういった形で北海道をこの目で見るということはそうそうにないですね。
大変、貴重です。
他には弁天島という小さな島もみえました。
DSC04027
この島には灯台と鳥居があるのが確認できます。
ここにも竜飛崎同様、レストハウスのようなものがありましたが、閉まっている様子。
シーズンオフは本当になにもない…。
2017-11-28-11-36-04
連続テレビ小説「私の青空」のロケ地だったそうです。
そのドラマを見ていないのでわかりませんが、ドラマのロケ地になるような良い雰囲気の街ですね。
DSC04021
また近所には、老犬が日向ぼっこしていました。
私が近づくとよっこらせっといった感じで、起き上がってこちらをみてました。
起こしちゃってごめんなさい。
さて、せっかくマグロの街大間に来たんですから、アレを食べるしかないでしょう。
さっそくお店を探しましょう。
事前に調べておいたお店を訪ねたんが、どうやら今日は営業してない様子。
なので、営業しているお店を探して見つかったのが、「魚喰いの大間んぞく」さんです。
中に入ると、お客さんが結構いました。
どうやら地元の方々も普通に食べに来てるみたいですねぇ。
メニューを眺めて値段に一瞬躊躇しましたが、ここは気にしてられません。
「マグロ三色丼」を注文です。
image
大トロ、中トロ、赤身の三種類がのっかっている贅沢などんぶりです。
さっそく大トロを食べてみると、とろけるぅ…。
いやぁ、やっぱりマグロは美味しいですねぇ。
箸が止まりませんでした。
味噌汁もダシが効いてて美味しい。
一心不乱に食べ続けました。
あっというまに完食。
お腹も膨れて、マグロに大満足!
それじゃあそろそろ、次の目的地に出発です。
クルマに乗り込もうとしていたら、近づいてくる集団が…
DSC04031
DSC04030
3~4匹くらいが、のっしのっしと近づいてきました。
正面に座ってこちらに来るのを待機していると、当たり前のように体をこすりつけて挨拶してきました。
めちゃくちゃ人に慣れていますねぇ。
2017-11-28-12-08-44
2017-11-28-12-08-55
挨拶した後は、サービスショットを頂きました。
うーん可愛い!!
毛づくろいしながらこちらをチラチラ確認、何かを期待しているようです。
残念ながら、餌はもっていないんですよ…ごめん。
ひとひきり可愛がってあげた後は、出発です。
大間の猫たちは毛並みもよく、可愛がられているんですね。
さて次の目的地は、「三沢航空記念館」です。
これまた100km以上の長い旅が始まります。
なんたって下北半島を横断しますからね。
パパっと行きましょう!
ひたすら続く道をデミオと共に走り続けます。
時には歌い、時には無言になりながら。
こういったドライブは本当に時間を忘れるくらい楽しいです。
道中、海沿いの道にでてイイ休憩場所があったので小休憩を取りました。
DSC04034
DSC04037
海とデミオのコラボを撮影。
デミオ、本当に良い車です。
ベースグレードという装備内容が気にならないくらい走りが気持ちいいです。
これで日本一周したいくらい。
そんなこと言ってると、アクセラが嫉妬してしまいそう。
ごめんよアクセラ。
それにしても青森は景色や空気が最高ですねぇ。
普段走れないような岩でできた自然のトンネルや峠道。
信号のない一本道。
どれをとっても最高のロケーションですね。
来てよかった。
改めて青森の素晴らしさを実感しながらデミオを走らせます。
すると、風力発電が現れました。
2017-11-28-12-15-27
DSC04038
私、結構風力発電好きなんですよね。
山々に規則正しく並んで回っている風力発電。
この景色はいつまでも見ていたいです。
2017-11-28-14-06-08
DSC04039
さらに湖があったり、と本当に青森は自然豊か。
これはロードスターのようなオープンカーで走ったら気持ちが良いでしょうねぇ。
ちょっとトイレに行きたくなり、道の駅を発見してしたので寄って行くことに。
2017-11-28-14-37-40
DSC04040
馬のオブジェがたくさんおいてあり、どうやらここは馬が名産らしいです。
このオブジェ、精巧につくられてて最初は本物か?と思ってしまいました。
よくできてるなぁと感心しつつ歩いていると…DSC04041
本物の馬がいました。
どうやら近くに牧場があるみたいですね。
久々に本物の馬を見ました。
トイレを済ませて周りを見学していると、さらに馬を発見。
DSC04044
気分はまるで北海道です。
道の駅に馬がいるとはこれまた新鮮ですねぇ。
image
みさわホースパークという名前だそうです。
乗馬体験などもできるんで、小さなお子様とかといっしょにいくと楽しいかもしれませんね。
さて、私は出発です。
2017-11-28-14-53-25
数十分後、「三沢航空科学館」に到着。
見学内容については別記事でご紹介
デミオと行く!1泊2日青森旅行 2日目(三沢航空科学館編)

科学館の見学を終える頃には、すっかりあたりが暗くなってきました。
長時間運転で私もヘロヘロ、あとは空港でゆっくりするとしましょう。
というわけで、最後に給油してから三沢空港へいく事に。
空港近くのガソリンスタンドへいくと、軽油が112円でした。
青森県って燃料が高いですねぇ。
神奈川県は100円くらいだったかな?(12/1現在、117円でした…青森の人ごめんなさい)
2017-11-28-16-29-05
とりあえず給油です。
普段と違う油種を入れるのは、結構緊張しますね。
2017-11-28-16-31-05
燃料も満タンになったので、空港へ出発。
このスマートナビともお別れかぁ。
結構エグイ道案内をしてくるので、ツッコミを入れることがしばしばありました。
まったく、マツダコネクトナビに似ちゃってもう…。
可愛い奴ね。

三沢空港に到着。
デミオを駐車場にとめます。
2017-11-28-16-42-00
2017-11-28-16-42-09
2017-11-28-16-42-13
2017-11-28-16-42-18
汚れが半端ないですね。
それでもいい走りをしてくれました。
今回のドライブ記録を乗せておきます。
総走行距離:537km
給油量:27.82L
給油回数:1回
本当によく走ってくれました。
ありがとう、デミオディーゼル!
2017-11-28-17-59-09
さて、飛行機の出発時間までゆっくりしていようかな?と椅子に座って寛いでいると、あることを忘れていたのを思い出しました。

「リンゴ食べ忘れた…。」

そう青森と言ったらリンゴですが、すっかり忘れていました。
なので、お土産屋さんに行って急遽購入。
2017-11-28-17-21-51
2017-11-28-17-22-31
ドライフルーツですが、まぁいいでしょう。
ちょうど小腹も空いていたことですし。
青森りんご?を食べつつ、Twitterで呟きまくっていると搭乗時間になりました。
2017-11-28-18-51-37
ありがとう青森県、ありがとう三沢空港。
充実した旅行が出来ました。
飛行機はすぐに離陸、羽田空港へ向かいます。
私も離陸後は、疲れからか爆睡。
気づいたら着陸寸前でした。
2017-11-28-20-24-14
飛行機は無事、羽田空港へ到着。
東京⇔青森は本当にあっという間ですね。
これなら気軽に行けそうです。
そして、帰宅。
こうして1泊2日の青森旅行が終わりました。


費用:
飛行機+宿泊費+レンタカー代:¥33,400
ガソリン代:¥3,116
有料道路:¥850
雑費:¥1,326
マグロ丼:¥3,300

合計:¥41,992

1日目はこちら→デミオと行く!1泊2日青森旅行1日目(竜飛崎→むつ編)
大湊・北洋館編はこちら→デミオと行く!1泊2日青森旅行2日目(大湊・北洋館編)
三沢航空科学館編はこちら→デミオと行く!1泊2日青森旅行2日目(三沢航空科学館編)