映画「日本のいちばん長い日」を視聴して、鈴木貫太郎という人物に興味を持ちました。
大東亜戦争を終わらせたその手腕と数奇な運命を追い求め、「鈴木貫太郎記念館」へ行ってきました。
2017-11-23-11-16-09
記念館の場所は、千葉県野田市関宿町にあります。
map
鈴木貫太郎記念館は、本人の本籍地であり、晩年を過ごした地にあります。
住宅街にひっそりとたたずんでいました。
横須賀から高速を使用して2時間弱。
今日は雨が降っており、なかなか大変でした。
前が見えない…。
2017-11-23-10-53-29
2017-11-23-10-53-40
2017-11-23-10-53-45
到着です。
周りを見渡すと、誰もいません。
これはゆっくりと見学できそうですね。
と、まずは簡単に鈴木貫太郎について少し説明しておきましょう。

鈴木貫太郎とは?
DSC03895
鈴木 貫太郎(すずき かんたろう、1868年1月18日(慶応3年12月24日) - 1948年(昭和23年)4月17日)は、日本の海軍軍人、政治家。階級・栄典は海軍大将従一位勲一等功三級男爵。
海軍士官として海軍次官、連合艦隊司令長官、海軍軍令部長(第8代)などの顕職を歴任した。予備役編入後に侍従長に就任、さらに枢密顧問官も兼任した。二・二六事件において襲撃されるが一命を取り留めた。枢密院副議長(第14代)、枢密院議長(第20・22代)を務めたあと、小磯國昭の後任として内閣総理大臣(第42代)に就任した。一時、外務大臣(第70代)、大東亜大臣(第3代)も兼任した。陸軍の反対を押し切って、第二次世界大戦を終戦に導いた。
Wikipedia参照

海軍の軍人でしたが、昭和天皇から総理大臣に任命され、第2次世界大戦を終わらせた人ですね。
総理大臣の頃がよく紹介されますが、海軍時代もなかなか歴戦を戦い抜いています。
鬼の貫太郎、通称鬼貫と呼ばれていたそうで。
あの東郷平八郎で有名な日露戦争でも出撃されています。
なんたってこの人、江戸時代生まれなんですよね。
昭和でも大分お年寄りな方が、なぜ戦争を終わらすために総理大臣に任命されたのか。
それだけ昭和天皇からの信頼が厚かったんでしょうねぇ。
その鈴木貫太郎の遺品や絵画、礼服などの200点余りを展示しているのが、この記念館です。
さっそく中へ入っていきましょう。
2017-11-23-11-10-37
内部は、出生から時系列順に鈴木の半生を学ぶことができます。
何故、鈴木貫太郎に惹かれたのかというと、海軍出身だからですかね。
どうも自分は海軍が好きみたいです。
そして先ほども言いましたが、昭和天皇の信頼が厚かったということもあります。
そんな鈴木貫太郎の様々な遺品を、少しだけご紹介します。
2017-11-23-10-55-59
2017-11-23-10-58-07
DSC03906
DSC03886
DSC03888
DSC03889
DSC03891
DSC03892
DSC03896
DSC03903
2017-11-23-10-59-31
どれも貴重なものばかり。
「至誠報国」
なんといい言葉なんでしょう…。
こんなに貴重なものが無料でみれるというのは本当に素晴らしいですね。
他には、あの有名な”最後の御前会議”や”二・二六事件などの絵画”が飾られています。
多分、誰もが教科書か何かで見たことがあるはずです。
それにしても、こういう人達は本当に達筆な方が多い。
あと私物とかが意外とお茶目だったりしますね。
こういうのを見ていると、色々な人の性格を知ることができて面白いです。
鈴木貫太郎の評価に関しては、ネットなどで調べると賛否が分かれます。
あまり政治面は向いておらず、ちょくちょく失言をして問題になったりしています。
本人も、「軍人は政治に関わらないほうが良い」と考えてらっしゃってたみたいですからね。
ただ海軍では数々の功績をあげ、二・二六事件を生き残り、終戦へと導いたその手腕は評価されるべきだと思います。
彼がいなかったら、日本という国がなくなっていたのかもしれませんからね。
映画「山本五十六」で興味を持った井上成美もこのような記念館をつくってほしかったですね。
彼の残した功績は、戦後に素晴らしい結果を残しています。
なかなか悲しいものです。

ひとしきり、見学終了。
せっかくなので、鈴木貫太郎のお墓参りにも行ってみましょう。
鈴木貫太郎の墓は、すぐ近くの實相寺にあります。
記念館から600mぐらいでしょうか?
すぐに到着。
2017-11-23-11-27-55
2017-11-23-11-27-36
2017-11-23-11-28-01
とても格式のあるお寺ですね。
立派な鐘もありました。
墓地には、陸軍将兵などのお墓があったりと、歴史がありそうなお墓がたくさん。
そんな墓地の奥に、ひっそりと鈴木貫太郎の墓はありました。
2017-11-23-11-31-10
2017-11-23-11-31-17
本当にひっそりとありました。
著名人ですので、大きなお墓かと思っていましたが、周りのお墓と殆ど同じです。
こういった謙虚さというかなんというか、軍人気質ですね。
手を合わせて合掌。
今日の平和をありがとうございます。
鈴木貫太郎の墓参りも終了。
帰宅の途につきました。

理系な私は、今迄歴史にこれっきしも興味を持たなかったので勉強の毎日です。
もっと色々と勉強していきたいですね。
歴史もなかなか面白い。
次は山本五十六記念館にいきたいなぁ。