maz

マツダが公式に「AIOについての見解」をTSBにて公表しました。
どうやら、例のセキュリティに関しての記事が効いたんでしょう。
例の記事とは? →You Can Hack Some Mazda Cars with a USB Flash Drive
以下は、TSBの内容です。
TSB1
TSB2

日本語に翻訳した記事を掲載しました。
【TSB】Mazda Connect Security Vulnerability Article on the Internet 和訳全文

TSBの中身を要約すると、
・AIOと上記リンクサイトのセキュリティに関する記事に関しては認知している。
・マツダとしては、カスタマイズを推奨していない。
・カスタマイズ対策版として「v59.00.502」が存在する。
・59.00.502に更新して、カスタマイズが無効になっても一切責任を取りません。
・上記リンクサイトに『ハッキング』という言葉がありますが、第三者がリモートで操作はできない。
・カスタマイズはマツダコネクト以外の機能(運転機能など)には影響しない。
・リコールやサービスキャンペーンは、重大な安全上のリスクがないため行わない。
・不正ソフトウェアを使用してカスタマイズしている場合、更新後は無効になる。
・最新バージョン(502)にした場合は、今後カスタマイズは動作しなくなる。
・最新バージョンは、古いバージョンにロールバックできない。
・マツダはカスタマイズを推奨していません。保証には該当しません。

という感じです。
正直、当たり前のことを書いてるだけですが、正式にマツダの見解が出たということで動きがありそうですね。
しかしながら、海外の有志達がv59.00.502へのアクセス方法が確立してしまいました、 詳細はこちら→【マツダコネクト】v59.00.502へのアクセス方法
完全にイタチごっこですね。
これからどうなることやら。 しかしながら、改造は自己責任です。
ディーラーの迷惑になるようなことはやめましょう。